12月25日

クリスマスと呼ばれるその日は、人によってその日の持つ意味が変わってくる。
予定があるものは勝者。無いものは敗者。 

単純に、そして何よりも残酷に、この世界の人間を二分してしまうのだ。

そして…


僕は今年も敗者となった。 



2015-12-26-195456
 ※毎年こんな感じ。




でも、今年こそは、ぼっちじゃないクリスマスにしてみたい。
こんな時こそ

P4Gに相談だ 


※実際は300回近く。この時点で先が思いやられる
 
どこかで、僕の知らない誰かが、P4Gで共に戦っている。そして共に助け合う。
そう、P4Gより搭載されたオンライン機能「救援要請」。

終盤になればなるほど必要のなくなるこの機能は、クリスマスぼっちの光となれるのか。 


このマヨナカを共に戦うは、やはりご立派様。ステータスALL99を目指して戦うぞ。
クリスマス(光属性)に弱いのは少し心配。


開始早々大きな壁が。そりゃあそうでしょう。ただでさえ発売から数年経過しているソフト。そのうえ、現実世界はクリスマス。しかも深夜。プレイしてくれる方はだいぶ限られてくる。



それでも、この世界は広い。この瞬間を共有できる仲間の姿がそこにはあった。開始からわずか30分。既に脳内ではZARDの「負けないで」が再生されている



もちろん、味方はオンラインのユーザーだけではない。ご立派様と二人で乗り込んだこの救援要請マラソンに賛同した友が続々とマラソンに参加表明。
これだけの仲魔と共に前へ進めば、きっと奇跡は起こるはず。ただひたすら救援要請を押し続けた。


一時間経過し、救援回数は25回程。このペースだとかなり厳しい。そして、何よりも体力的な問題にも直面していた。タイムラインも私の独壇場になりつつあったし、フォロワーの皆さん、本当にご迷惑をおかけしました。



二時間経過。さすがに救援自体が来なくなってきた。気持ちの糸はいつ切れてもおかしくない。そして…。


このツイートを最後に、固定資産は消息を絶った…。















そんなことだろうとおもったよ!!

やはり睡魔には勝てなかった。しかし、まだクリスマスは終わっていない。まだお昼時、今なら救援の数も増えるはず。さあ、クリスマスぼっち固定資産の反撃開始だ。

※格好いいことを言って誤魔化そうとするが、間違いなくこの時の固定資産は世界で一番ダサい。


ご立派様も力を蓄え、遂にマガツマンダラでも無双できるほどに。主人公の物理攻撃で。



二回戦開始から2時間。ようやくの救援800回突破。やはり昼頃の救援の集まりは早い。


ちなみにこれがマガツマンダラ探索中の光景。クリスマスエディションの装いで敵を殲滅する。
一人だけ通常運転の方がいますが。


少しずつ、999回に近づき、希望が見え始める。しかし同時にタイムリミットも迫る。あと5時間。間に合うのか。





そして、23時。刻限まであと1時間。時間も救援回数もギリギリ。ここまで来たら、あとは自分との戦い。どれだけ友を信じられるのか。どれだけ救援要請ボタンを押せるのか…。






そして…クリスマスが、終わった。












あと、11回。わずかに及ばなかった。まあ、寝落ちしたのがそもそもの原因なのですが、それは置いといて。



それでも、目標は達成できなくても、歩みを止める訳にはいかない。この1日で、沢山のプレイヤーの力、応援を受け取ってきた。Twitterでも沢山の励ましをもらった。

この時既に、自分の「わがまま」が、達成すべき「目標」 へと変わっていたのだ。

自分はこの1日、決して独りではなかった。思い描くクリスマスとは違っていたかもしれないが、この時の私は、他の誰にも負けないほど幸せだったのかもしれない


こんなくだらない自分のわがままを聞いてくれる人がいる。 
自分の時間を割いてまで、こんなわがままを応援してくれる人がいる。


ネットの普及で、現代の人間関係について問題視されているが、きっと、それも人の心の持ちよう次第なのかもしれない。


このブログを見に来てくれたすべての皆さんへ、メリークリスマス。





追記:共に戦ったマーラ様も、こんなにたくましくなりました。


さらに追記:今回、ツイッターの挿入機能を使ってみました。見辛いなど問題がありましたら、なんなりと申しつけください。あと、よかったらTwitterフォローしてね(はあと)