こんにちは。固定資産です。

久々の記事、そして久々の俺的ペルソナ全書となる今回は、フウキ編です!!

さて皆様、このペルソナを使ったことあるでしょうか?他作品でも出演しているため、それらの作品でお世話になった方は多いかもしれませんが、”P4Gで”となると話は別。実はこの方、総合的に見てみると「P4G最弱」といっても過言ではないほど、不遇な性能となっています。

今回は、そんなフウキさんのガッカリお茶目な性能を紹介しながら、使える構築を模索していきましょう!!

フウキ( 初期LV43 火炎弱点
習得スキル
・ガルーラ(初期)・ミリオンシュート(初期)ヘビーカウンタ(初期)真・火炎見切り(LV45)・アドバイス(LV46)・疾風ブースタ(LV47)衰弱防御(LV49)



こ れ は ひ ど い

まずはじめに指摘したいのは、属性相性が「火炎弱点」しかないこと。

パラメータはシャッフルタイムで盛ることができ、スキルもスキルカードで自由にカスタマイズできる本作において、ペルソナの「強さ」を測る要素は「ペルソナの素の属性相性」と「固有スキル」くらいしかありません。そんな最重要項目である「属性相性」において、弱点ただ一つという、あまりに貧弱漢らしすぎる属性相性を誇っています。

ちなみに、弱点1のみの属性相性を持つペルソナは、フウキさんと最序盤ペルソナであるアプサラスの二体のみ(ちなみにどっちも火炎弱点)。勿論これ以上に弱い耐性持ちはいません

つまりP4G最弱のペルソナは、アプサラスかフウキさんのどちらかだと言えます。アプサラスはアプサラスで結構ひどいお茶目な性能をしていますが、今回はフウキさんの記事ということで、最弱議論は一旦置いておきましょう。


次の残念お茶目ポイントは「脆すぎる属性相性を補完する、充実(笑)した防御スキル群」です。

言わせてください。

なんで見切りなんや…。

主人公の弱点直撃は、即イゴり部屋直行クラスの危険な状態です。ですから、「そこそこの確率で回避するが、時々弱点に直撃する」よりも「毎回ダメージは受けるが、弱点扱いにならない」方が当然強い動きなわけで、見切りスキルではあまりに心許ないです。

しかも、このペルソナのパラメータ上昇傾向は「耐・魔が伸びやすい」ものであるため、真・火炎見切りを持っていながら、別に素早いわけではないというチグハグな性能に仕上がっています。

加えて、最初から習得している防御スキル「ヘビーカウンタ」15%の確率でしか弾いてくれないギャンブラー仕様。
極め付きは、継承したことある人0人説でおなじみの空気スキル「衰弱防御」。もっと他に防御すべきところがあるだろ!!と声を大にして言いたいところ。


彼を無理に褒めようとするならば、ミリオンシュートと疾風ブースタの存在が挙げられるでしょうか。
ミリオンシュートは仲間内だと完二(P4G)が習得し、中盤のダメージソースとしてお世話になった方も多いかもしれません。
そんなミリオンシュートは、実は全ペルソナ中フウキさん含めて三体しか習得しないレアスキル全ヒットした時の威力はブレイブザッパー以上と中盤スキルとしては破格な性能であり、「P4は多段ヒット技が強い」問われる所以の一つとも言えるでしょう。

ただ残念なことに、これはフウキさんが強いのではなく、単にミリオンシュートが強いだけ。

ミリオンシュートを習得する数少ないペルソナのうちの一体、ナーガラジャ(永劫 LV37)の存在がフウキさんに立ちはだかります。
フウキさんよりも早い段階でミリオンシュートを習得(LV39)し、その過程で強スキル「マハタルカジャ」も習得(LV38)します。その上で物理耐性・火炎弱点・雷無効と、攻撃を反射されても安心の良耐性持ちであり、フウキさんをそのままミリオンシュート軸で組むとナーガラジャの下位互換と化してしまうのです。
しかもフウキさんは前述のとおり「魔・耐」が伸びやすいので、ここでもチグハグさが露呈しています。


フウキさんがLV47で習得する疾風ブースタも、習得者が地味に少ないレアスキルではありますが、ここでは別の問題が立ちはだかります。

それは、このペルソナのアルカナが星であること

星コミュの担当はクマ。そう、皆さんご存じの通り、自動進行コミュなのです。
フウキさんがシャッフルタイムで出現するのは秘密結社改造ラボ。この時点での星コミュランクは5で固定です。仮にこの時期にペルソナ合体でフウキさんを作ろうとすると、コミュランクボーナスは3LV分。つまり、疾風ブースタを習得するためには、戦闘でさらに1レベル上げなくてはなりません

ここまでの記事を振り返ってみましょう。「この性能の」ペルソナを装着して、戦闘をして1レベル上げなくてはなりません。あまりに辛すぎる…。


さらに追い打ちをかけると、フウキさんを疾風担当として運用するならば、クロト(運命LV44)の存在を忘れてはいけません。
彼女はマハガル―ラを初期で習得しており、疾風反射・弱点無しと耐性も申し分なし。運命コミュボーナスの恩恵はこのレベル帯では受けにくいものの、コツコツLVを上げればフウキさんのアイデンティティである疾風ブースタをも習得(LV48)できます。つまり、フウキさんをそのまま疾風軸でビルドすると、クロトの下位互換と化してしまうわけです。


フウキさんのアルカナの話題が出たついでにもう一つ。星コミュは自動進行のため、フウキさんはコミュランク上げ要員としての役割を持つことができません。
これは、節制コミュのコミュポイントブースト要員として役割を持てるアプサラスと比較して明確に劣っている点と言えます。

さて、一通りお茶目ポイントを並べたところで、ここからはフウキさんをどうにか使えるようチューニングしていきましょう。


構築案①コスパ疾風枠
同時期の風担当として競合になるであろうクロトの強みは、初期習得のマハガル―ラ弱点無し・疾風反射の防御相性にあります。

しかし、中盤の消費SP16は中々に重く、可能な限り突入即日クリアを目指したい本作において、ガス欠問題を避けては通れません。

そこで、疾風ブースタで火力を底上げしたマハガルをメインウェポンに据え、消費SPを節約した低燃費構築にすることでクロトとの差別化を図ります。

<レシピ>
ナルキッソス(マハガル・火炎耐性)×アレス=クシミタマ
オルトロス×サラスヴァティ(中気功)×上記クシミタマ(マハガル・火炎耐性)=フウキ

フウキよりもレベルが低い星アルカナのペルソナで、二身・三身合体で作成できるものはキウンしかいないため、そこそこ低レベルのペルソナをレシピに組み込んでも無理なくフウキを作成することができます。
本レシピの強みは、素材ペルソナの仕込みを比較的低予算で行いつつ、フウキに足りないスキルを簡単に集められる点にあります。
サラスヴァティはLV23で疾風無効を自力習得でき、ナルキッソスを他記事で紹介したレシピで作成することで、物理耐性を引っ張ってくることができます。

そしてできたのがこちら。

2022-06-09-210510



なんだか使えそうな気がしてきませんか??
比較的レベルの低いペルソナから欲しいスキルを引っ張ってこれるため、お財布にも優しいペルソナになっています。金欠主人公の方は、採用を検討してみてはいかがでしょうか。



構築案②クリティカル軸
フウキさんがLV46で習得するアドバイスに着目し、クリティカルを狙える構築を目指します。
レシピは上記と全く一緒。

<レシピ>
ナルキッソス(火炎耐性)×アレス=クシミタマ
オルトロス(黒点撃)×サラスヴァティ(中気功)×上記クシミタマ(火炎耐性)=フウキ


ここでの注目スキルは黒点撃。クリティカル率が高いこのスキルをメインウェポンに据えることで、転がしたいときは黒点撃火力で押したいときはミリオンシュートと状況に応じて柔軟に立ち回ることができるようになります。
ゲンブ×ヤマタノオロチでオルトロスを作成することで、中治癒促進を継承できるので、こちらの型も継戦能力が高いですね。

2022-06-09-210715


ただしフウキ自身、運の値が最も伸びにくいことに注意!!こんなところにもチグハグ性能の弊害が…。


いかがだったでしょうか。
素の状態だと目も当てられないほどの性能でも、スキル継承を駆使することでギリギリ及第点レベルまで持っていける。このカスタマイズ性の高さがペルソナシリーズの醍醐味ですよね。

「こんな構築のフウキさんを作った」「こんなフウキさんを全書に登録している」などなど、皆さん流のフウキさんがおりましたら、是非是非コメント欄にて自慢していってください!!

それでは今回は以上です。ありがとうございました!


追記!!

毒耐性を求めてさんから、素敵なフウキレシピを頂きました!!
掲載にあたり、コメントを引用させていただきます。。

魔・耐が高い、属性相性がショボい、初期Lvが43という観点からボイドクエストの光津雄の影戦で使えないかと。

できるだけ安上がりで作ってみたレシピがこちら

節制カイチ × 魔術師ピクシー × 悪魔ウコバク
= 運命フォルトゥナ
運命フォルトゥナ(上記) × 剛毅ティターン
= 星フウキ
[継承スキル]
ラクンダ(カイチ初期)
スクンダ(ウコバク初期)
火炎耐性(ウコバクLv3 -> 6)
恐怖耐性 (ティターンLv14 -> 19)
※ ティターンLv19は8/1の合体予報(コミュボーナスの増加)を推奨
緑の壁対策として、ティターン経由でブフーラを継承させてもいい。その場合は ティターン = キングフロスト × ピクシー


光津雄の影戦は悪魔サキュバス(恐怖防御を継承 ※ 8/6の合体予報と悪魔コミュランク8以上)が適任。
また、個人的なボス戦汎用ペルソナとして星ネコショウグン(ラクンダ、スクンダ、疾風耐性を継承)
このフウキはその中間的な位置づけです。


2022-06-22-194218

ボス戦(特にミツオ戦)に特化した編成にすることで、低コストながら扱いやすい構成になっていますね!
影ミツオ戦ではバフ・デバフをかけることによって、相手の行動権をデカジャ・デクンダで一手潰すことができるため、わずかなSP消費で相当なアドを稼げます。
ガルーラやミリオンシュートで火力役もこなせるため、器用に立ち回ることができますね。
毒耐性を求めてさんの仰るように、他にも適役のペルソナは存在しますが、「最弱候補」のこのペルソナが、ここまで頑張れるということを示した素敵なレシピなのではないかと思います。

改めまして、毒耐性を求めてさん、コメントありがとうございました!!